メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

チームコーチング 受け身の組織

2020/05/28
北山 敬三

 

チームコーチングを始める前に、必ず伝えることがあります。

チームコーチングは、研修ではない。
コーチが、あれこれと指示・命令することはありません。

決して受け身にならず、自らが自主的に考え、行動して下さい!

しかしながら、現実は・・・・。

チームコーチングが始まっても、

何をするのか分からない?
何が起こるのか分からない?
一体、何をしたらいいんですか?

オイオイ、会社を良くするために、
組織を改革するために集まったんじゃないのか?
思わずそう問いかけたくなります。

メンバーは受け身になっています。
その組織が持っている風土というか習慣です。

指示・命令が出ないと動けない!
だから指示して下さい、命令して下さい!

そう言っているのです。
とは言え、これが普通です。
ここで自主的に動く組織でしたら、コーチは必要ありませんから。(笑)

チームコーチングでは、極力ティーチングをしません。
指示。命令など、もってのほか。

自分たちで考え、行動する!
上手くいかなくても失敗ではなく、経験と捉える。
失敗しても、そこから学べば経験に変換します。
指示・命令されたことだけやるのでは、モチベーションも上がりませんからね。

まずは、
この意識に気づきを与えることからチームコーチングを始めていきます。