メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

チームコーチング

チームコーチングとは?

組織自らの目的や目標・戦略を明らかにし、行動・振り返り・修正の学習サイクルを通して、成果と成長を手にする<勝つ組織>に変貌する支援を行います。

今までの組織ではその学習サイクル(育成)を個人単位で行っていました。
それをチーム単位で行ことで、組織に今までに無い変容をおこさせます。

チームコーチングの特徴

実務内容へのアドバイスではなく、コーチングを使って”枠組み”をリードします。そのためどの業種でも活用可能です。
これは、世界でも主流となりつつある『プロセス』を支援する方法であり、チームコーチングは組織を変革する『組織開発』の新しい手法です。
研修は実務に活かし、変化を創ってこそ価値がありますが、実際は知識がメインで、実務に結びつけるためのフォローが必要となります。
一方、チームコーチングは実務そのものを扱い、参加メンバーが話し合い、決め、行動することを支援しますので、すぐに変化が表れます。
チームコーチングは、「コーチング」と名のつく通り、ほとんどのプログラムを質問で進めていきます。『質問』によって内部資源が引き出され、自分たちで考えるプロセスが中心となります。
研修などで教えられることも大切ですが、自分たちで考えるということは、最も自発性が高まりモチベーションが上がります。
つまり「他人事」や「やらされ感」が少なく『自分事になる』ということです。

プログラムを進めていく中で、「ここは時間をかけた方が良い」あるいは「本音が出ていない」などとチームコーチが判断した場合、必要に応じてプログラムを変更させます。
つまり、チームの状態に応じて対応するので、的確な支援が可能となります。

人にも固有のクセ、習慣があるように、組織にも組織特有のパターン、文化と言えるものがあります。しかしながら、本人たちは、外部と比較する事が少なく、なかなかそのパターンに気づきません。
チームコーチは真のチーム、成果志向のチームの機能を踏まえた上で、その組織特有のパターンに参加メンバー自ら目を向けさせるフィードバックや質問を行い、なかなか手放せないチームの習慣やパターンを手放し、組織自らが理想とする姿にいち早く近づくための支援を行います。
チームコーチングを使うことによって、チームの変化はすぐに始まりますが、チーム自体の新しいスタイルの定着には通常6ヵ月ほどかかります。さらにその影響を外に拡大し、組織全体に拡げていくには、組織の規模や状態によりますが、通常3~5年かかるものを大きく短縮する効果があります。

チームコーチングの流れ

チームコーチングは、約6ヶ月間のカリキュラムとなっております。

  1. 事前インタビュー
    ( 経営者及びチームメンバー全員)
  2. チームコーチングを実施
    実際に存在する問題をテーマにします
  3. 1対1コーチング(メンバー全員)
  4. 2、3の繰り返し
  5. フィードバッグ及びチーム支援