メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

情熱研修|中国精螺株式会社さま
社内イベントでコミュニケーションを不足を補う セッション3

2016/07/20

東広島も熱い!
気候ではなく、中国精螺株式会社さんです。
振り返りでは、
月に1回ではスパンが長すぎるのでは?
もっと短いスパンでやってもらった方が、学びになる。
こちらが、うるっとくるようなコメントを頂きました。

さて、第3回の研修では
質問をする側とされる側の心理を考えました。
いつも質問をすることが多いリーダーですから、
される側の考えはとても参考になったようでした。
CIMG2722 CIMG2721 CIMG2720

次に、いい面談とは?
5つの重要なポイントを説明したのち、
こちらも部下の意見を集約した7つのポイントをレクチャーしました。
部下から見た面談がどのようなものか、学習して頂きました。
CIMG2719 CIMG2723

そして後半は、コミュニケーション不足解消のための討議。
CIMG2726 CIMG2727 CIMG2729

熱心な討議の後に、
コミュニケーション不足解消のため
〇〇に取り組む!という決意を4グループで発表しました。
CIMG2744 CIMG2740

CIMG2738 CIMG2737
全員が取り組めることということで、
朝礼を活用するという意見が多かったですね。
次回の研修では、
・取り組みの成果
・本人たちの気づき
・周りの声
・自分たちへの自己評価
などを報告してもらいます。

また、研修後に社長から
「社内イベントでコミュニケーション不足を補う企画を立案し、
それを社内に展開する」というメールを頂きました。
ある意味、危機感を感じ、それをすぐに行動に移されました。
スピード感のある素晴らしい取り組みにトップの決意を感じました。

いずれにしても次回4回目で千秋楽です。
最後には、思いっきり決意をして頂き、送り出します。

 

今回の情熱研修の概要

業種製造業
事業規模従業員105名
対象者経営者を含む幹部25名
企業紹介

緩み防止に絶大な効果を発揮するボルト・ナットを製造する会社です。

製品の種類は、なんと4500種類。

高い技術力で、マツダ関連をはじめとして多くの企業に製品と安心を届けています。

公式サイトこの会社の公式サイトは

情熱研修についてもっと詳しく知りたい方は