メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

体操ニッポン復活に、チーム力を感じた!

2016/08/18
北山 敬三

 

8月に入り、まさに猛暑!
残暑も厳しく、寝にくい夜が続き体調管理が難しいですね。
お盆休みも終わり、今年も後半戦です。

オリンピックでは、感動の日々。
先週の話になりますが、
我が家では娘が体操をやっているので、
必然的に体操の男子団体に注目が集まりました。
とかく内村航平選手ばかりがクローズアップされますが、
団体は一人では戦えません。
そして、誰よりも団体の金メダルにコミットしていたのは内村航平選手でした。
個人では無敵でも、どうしてもチームで勝ちたかったのです。

アテネオリンピック団体チームのキャプテン、米田功さんのコメント。
「前半ミスがあったが、後半の出だしの種目の平行棒で1人目に演技した
田中佑典選手が、これまで見た中でもいちばんいい、
完ぺきな演技でいい流れを作ってくれた。
これまではエースの内村航平選手1人が優れたチームだったが、今回は内村選手を
見ながら、それぞれを補う活躍があり、チームが一丸となって取った金メダルだ。
内村選手が『団体金メダル』と言い続けてきたことが、
チームメイトを引き上げ、結果につながったと思う」
と日本の戦いを振り返りました。
目標を掲げ、それを言い続け、そのリーダーの背中をメンバーが追いかけていった結果でした。

また、このような記事もありました。
体操男子の日本チームが、団体金メダルを獲得できた最大の要因は、
4年前のロンドン大会の失敗を教訓に、チーム一丸となってミスをカバーした総合力にあります。
ロンドン大会では、日本は、内村航平選手に出たミスが連鎖して、
ほかの選手にもミスが相次ぐとともに、
雰囲気も悪く誰もカバーできず銀メダルに終わりました。
今回の決勝で、日本は、最初のあん馬で2人目の山室光史選手がいきなり落下し、
ロンドン大会を思わせる嫌な雰囲気になりました。
しかし、続く加藤凌平選手が安定した演技ですぐに悪い流れを断ちきりました。
弱点種目のつり輪は3人が安定した演技でつなぎ、3種目めの跳馬で、
1人目の加藤選手が大技を決めてから、内村選手と初出場の白井健三選手も
いずれも高得点をマークし、いい流れを作りました。
山室選手が「いい雰囲気で演技できたことが勝因だった」と振り返ったように、
演技を終えた仲間を笑顔で迎えたり、演技の合間に声を掛け合ったりする姿が目立ちました。

この山室選手は、任された2種目ともミスを連発しました。
本来のパフォーマンスにはほど遠かったようです。
それでも、山室選手は演技を終えた仲間を最高の笑顔で迎えていました!
自分だったらどうしていただろうか?
と思うと、改めて山室選手の凄さに感動でしました。

ロンドンから4年。
出だしのミスにも諦めず、内村航平選手に頼るどころかむしろフォローしたチーム。
メンバーそれぞれが培ってきた“美しい体操”で1つ1つ演技をつないだ総合力こそが
12年ぶりの団体金メダル、“体操ニッポン復活”をもたらしたのです。

まさに、チーム力の勝利ですね。
皆さんの会社や組織のチーム力は、いかがですか?
目的・目標が明確で、全員で共有でき、リーダーはそれを言い続けていますか?
部署間がお互いに助け合ったり、足らないところを補完し合えているでしょうか?
誰かが失敗しても、周りの雰囲気を悪くしないために励まし合っているでしょうか?
そんな理想のチームなんて・・・しょせん、綺麗ごとでしょう。
などと、やる前から諦めていませんか?
チームづくりは、いつ始めても遅くありません。
気づいた時が、出発点です。

そんなことに少しでも気づいて頂けるような
チームづくりのお役に立てる研修会を開催します。
主催は、広島西法人会さま。
9月5日月曜日の14時から17時まで。
場所は、広島商工会議所3F307号室です。
会費は、会員  6,000円
非会員 8,000円
会員以外の方も参加できるオープンな研修会です。
役職者のみならず、幹部候補生の方にもお勧めします。
皆様の来場をお待ちしております。

広島西法人会さま セミナー案内