メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

あなたの会社の社員は、人材?人在?人罪?人財?

2016/11/20
北山 敬三

あなたはどの「じんざい」でしょうか?

この強烈な一言を発せられたのは
近畿大学経営学部キャリア・マネジメント学部
松本データーバンクこと松本誠一准教授のスモールサンゼミ・ゼミ広島での講演でした。
松本誠一准教授は、元帝国データーバンクのスーパー営業マンだった方。
最近の学生の驚きの就活状況。
ゼミと企業のコラボレーション実話。
そして、人財育成などなど。
話の切り口が面白く、どんどん引き込まれていきました。

 

話を聴きながら、自分ならどう活かすかに焦点を合わせてみると

例えば、これを上司・部下面談で使うと、
「君は、このマトリックスの中で、どこに位置すると思う?」
こんな質問から始まる。
やる気はあるが能力が劣る人材
能力はあるがやる気が低い人在
能力もあってやる気も高い人財
そして、どちらも低い人罪
本人は、自分をどう判断するのだろうか???
そして、どのような展開に持っていくことで人財育成につながるのか?

あるいは、私がコンサルタントならば
「あなたの社員さんたちはこのマトリクスのどの部分にあてはまりますか?」
社長さんは、どのような反応を示すでしょうか?
そこから、具体的に何をしなければいけないかが分かるのでは?

いずれにしても、自社なり自己の分析をするには最適なツール。
思わずうなってしまうくらいの分析力。
鋭い松本准教授の美味しいところを頂き、今後の研修に活かしていきます!!!