メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

人は『気づき』があると変われます!!!

2022/06/07
北山 敬三

 

チームコーチングや研修を行っている時に、
「どうすれば人は変われますか?」という問いかけをされる。

私は、
「人が変われる時は、気づきが生まれた時。
目の前の出来事に対して、ああそうか!と腹落ちした時です」
と答えています。

例えば、目の前の問題や課題、取り組みなど、
何かに対して自分の考えを持ち、それに沿って行動する。
そして、誰かと話し合いながら振り返り、自分と向き合って内省する。
この時に気づきが生まれます。

知識や経験は、教えたり、伝えることは出来るけど、
『気づき』だけは教えることが出来ない。

頭で分かったことを
心で感じて、
実際にそれをやってみて、
何が上手くいき、
何が上手くいかなかったのか、
そこからの気づきを出し、
次に生かすことを明確にする。

このプロセスを丁寧に行うことで、自分自身が腹落ちすることでしか、
気づきは生まれないからです。

なぜならば、
何をどうするかという選択、判断を自分自身で行っているから。
誰かに言われたのでもなく、命令されたのでもない。
当事者として、自分で関わったからこそ気づけることがある。

どんな時も、目の前に起きた出来事を自分事として捉えること。
それは、この出来事は自分の何かが引き起こしているのだということを
素直に受け容れる、反応するということです。

アイツが悪い、会社が悪い、世間が良くないからだと言っても始まらない。
全てを自分事として捉えることが出来れば、気づきが生まれ、人は変われます。