メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

推薦著書『人が育つゴールデンルール64』

2019/08/05
北山 敬三
ここ最近で一番感銘を受けた本を紹介します。
著者は、
北九州の伝説的美容室
BAGZY代表取締役社長 久保華図八さん。

 

経営の根本は

スタッフ(人)が育つ風土、人が育つ環境をつくること。

 

組織運営で大切なことを順番に並べると

①風土づくり(社風づくり)
②人財育成
③業績を上げる

 

いい環境をつくって、そこで余計なストレスなく育った人がいい仕事をして、
お客様をハッピーにする。
その結果が業績です。
この3つの順序がとても大切だと言われています。

 

業績を上げてから、人財育成をするという風土では、人は育ちにくいでしょう。
人が育つ環境もつくらず、いい人材が欲しい、業績も上げたいというのは
経営者のエゴかもしれません。

 

チームコーチングでは

組織の土台づくりをして、自社を知り、問題をあぶりだし、
その解決のために計画・戦略を練って、目標を達成していきます。

 

この土台づくりが、人が育つ環境づくりです。
農業で言う『土づくり』と似ています。
立派な実を付けたければ、
成果を手に入れたければ、
人が育つ環境づくりからですね!!!

 

ぜひ、読んでみて下さい。