メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

とある銀行マンの物語  第1話

2019/03/05
北山 敬三

 

今朝出社した時に、ポストに名刺が入っていた。
そこには、こんなメッセージが・・・。

「いつもブログを拝見しております。
御社の事業について是非お聞きしたいので
明日伺わせて頂きます」

 

これを読んだ私は、思わず笑顔!!!
嬉しくなって、気がついたらその銀行へ連絡をしていた。

そこは、過去に一度もお付き合いをしたことのない金融機関。
それでも、私の心は動いた・・・。

「今日来られると書いてありましたが、2時までしかいませんが・・・」
そう伝えると、
「午後一番に伺わせて頂きます」
と返答。

 

そうしてやって来た28歳の若者は、大きく貴い(たっとい)奴だった!!!
それはそうである。
「いつも北山さんのブログを拝見しています」という人物だから(笑)

聞けば、以前私の講演を聞いた方が
「あの人の話、面白かったよ!」
という話を聞いていてそれを思い出しネットで検索したらHPに遭遇した。

 

そしてその彼、ブログの感想も一生懸命に語ってくれた。
やっぱり嬉しい~とても嬉しい~~もっと言ってくれぇ~~~
そんな感じ。

聞けば聞くほど嬉しくなり、色々な話をした。
予定もキャンセルになり、タイミングも良かった。
ご縁があるのかな・・・
そんな風に思えた。

 

「それぁ、営業マンの罠にはまっとるよ!」
そんな声が聞こえてくるが、それでもいいと思えた。

それどころか、彼のビジョンを聞いていると
彼の役に立ちたくなってきたので、
自分のできることで支援していこうと勝手に決めていた!

何をするかは、彼に伝えた。
実現するかは、彼次第だ。

果たして、この出会いは運命なのだろうか???

続く・・・