メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

桜のお話し

2019/02/27
北山 敬三

 

今年は寒くなく、冬が無かったとも言われています。
そう言っているうちに、3月です。
春がやってきます!!!(既に春のような気候ですが・・・)

春が来ると、桜が咲きます。
今日は桜のお話しを

 

はなぜ、人気者なのでしょうか?

 

一斉に咲いてパッと散る潔さだと言われていますが、
実はそれだけではありません。

実は、『お蔭様』なのです。
と言えばソメイヨシノですが、
この花は江戸時代に品種改良されて作られました。

ご存知のようにサクランボはできません。
つまり自分自身で繁殖する力はないのです。
人間が接ぎ木して、増やしてきました。

梅や桃は種子で自己増殖できますが、は違います。
美しく咲いているので、それを見た人が増殖したくなり、そうしてきたのです。
人間が地球からいなくなれば、当然、桜も消えます。
お互いに、お蔭様の世界でなりたっているのです

 

 

自己増殖できないのに、桜は人気者!

 

ここに生き方のヒントがありました。
自己増殖ばかり考えて、自分の楽しみを追求するよりも、
他の人を楽しませたほうが増殖できるということ。

「オレが俺がと言って自己主張ばかりして生きていくよりも、
誰かのために貢献していく生き方のほうが幸せになれるよ!」
と言われている気がします。

これは、
京セラの稲森和夫さんが言われる『利他の精神』です。
HPの中で、以下のように紹介されています。

従業員が喜ぶようなことをしてあげれば、
従業員はさらにハッスルして頑張ってくれます。
だから会社はよくなります。

お客さんに喜ぶようなことをしてあげれば、
お客さんは会社を応援してくださいます。
だから会社はよくなるのです。

 

与えることは、結果として、多くをもらえることになります。
もっともっと与えられる人間になりたいものです。

俺がオレがの北山でした。