メールでのお問合せは24時間365日受付中今すぐ問合せる

補欠の気持ち

2018/10/24
北山 敬三

過日、中国地方のゴルフ場対抗戦がありました。
ゴルフ場の代表選手5人が出場し、
上位4人のスコアーを競い合う団体競技。

有難いことに、私は20年近く選手として出場し続けて来れました。
それが今年、補欠に・・・。

正直、複雑な気持ちでした。
もっとやれるよ!
俺の方が・・・。
そんな心の声が、自分の中でビンビン響く。

一方で、
仲間をしっかりと応援せぇ。
今まで、お前は応援してもらったんだぞ。
そんな心の声もビンビン響いていました。

団体戦で一番大変なのは、選手選考。
私も選考するポジションにいたので、難しさは十分に承知しています。
でも、いざ自分が選ばれる立場になったら、
選考される側の気持ちになるんですよ・・・。

コーチングでも研修でも、相手の立場になって考えよう。
そう促すことは、日常茶飯事。
補欠になって、改めてその難しさを経験しました。
感情的には悔しい想いが続いていますが、この学びは深かった。
こんな体験、二度とはしたくないけども貴重でした。

ゴルフの神様からは
『今のお前に必要だから、その試練を与えた』
そう言われているような・・・。

大切なのは、これから。
だから、宣言します!

宣 言
私は、来年は必ずレギュラーに復活して、
チームに貢献することをここに宣言します!!!
2018年10月24日 広島にて 
北山敬三